0120-639-123

受付時間 9:00~21:00 (年中無休)

事例集 母名義の土地に長男が抵当権を勝手に設定、結果抵当権を実行されてしまった。

先日、知り合いの弁護士さんからこんなお話を聞きました。

母の土地を・・・

亡くなった母(被相続人)の土地に長男が銀行の抵当権(権利書&実印無断使用の可能性大)を勝手に設定してしまいまし
た。

長男は事業に失敗し銀行に没収されてしました。長男以外の相続人の権利はどうなりますか?という相談だったそうです。

――――――――――――――★

専門家の見解

被相続人の土地に抵当権が設定されてしまっているということは、被相続人が物上保証をしていたことになります。

相続人は遺産分割をしない間は、その抵当権付きの土地をそれぞれの相続分に応じて相続しています。そして長男(債務者)が支払いを滞れば、相続人がそれぞれの持ち分の範囲で債務を返済するか、相続放棄をするしかありません。

そして、銀行は返済がされなければ土地を競売してしまいます。

たとえ、長男が勝手に印鑑を持ち出して抵当権を設定してしまったとしても抵当権そのものの取り消しにすることはできません。

長男を訴えるとしたら、被相続人の損害賠償請求権を相続人が代わって長男に行使することになります。ただし、きちんと証拠をつかんだ上で訴訟を起こすようにしたほうがよいでしょう。

ここに記しているのはあくまでも一例ですので、個々のケースや見解によって変わりますので参考程度にご理解ください。

お問い合わせ

遺品・家財処分でお困りの際は
どんな些細なことでもご相談下さいませ。
尚、メールでのお問い合わせは
24時間受付(無料)です。

0120-639-123

電話受付時間 9:00~21:00(年中無休)