0120-639-123

受付時間 9:00~21:00 (年中無休)

遺言状作成のメリットについて

血がつながった親族とはいえ、金額に関係なく、むしろ多くはない遺産をめぐって争われるケースが多いといいます。自分だけが損をしたくないと思ったり、それまで隠されていた不満があらわになったりと、それぞれの思いや主張が違う以上は全員が満足のいく結果は難しいものです。

遺言状作成のメリット

親族間での揉め事が少なからずあると考えた場合に、それを避けるために一番有効な手段が遺言といえるかもしれません。遺言は亡くなった方本人の希望通りに、残した財産を分配する手段で、死亡後にその意思が法律で守られることになります。

このうち民法上の法制度における遺言は、死後の法律関係を定めるための最終意思の表示をいいます。遺言は法律上の効力を生じせしめるためには、民法に定める方式に従わなければならないと民法960条で定められています。

遺言のメリット下記ような点があります。

  • 親族間の争いが少なくなる
  • 自分の財産を自分の思うように相続させることが出来る

また、相続税の負担が重い、というイメージは一般に浸透しているようです。ところが実際には亡くなって相続税が発生する人はほんの4~5%程度です。それでも相続が大変なのは、遺産を相続人で分け合わなければいけないところにあります。

遺言の目的を果たすためには、一定のルールにしたがってきちんと作成する必要があります。

遺言の法的性質

  • 要式行為
  • 遺言は民法に定める方式に従わなければすることができない要式行為(一定の方式によることを必要とする行為)であす。方式に違反する遺言は無効となります(960条)。

  • 単独行為
  • 遺言は相手方のない単独行為です。

  • 死因行為(死後行為)
  • 遺言は遺言者の死亡後に効力が生じる法律行為です(985条)。

  • 代理に親しまない行為です。

ここに記しているのはあくまでも一般論です。状況によって変わる場合もございます。

―☆彡∴:――――――――――――★
イヒンの財産相談室
お問い合わせ窓口 0120-639-123
その財産問題私たちが解決いたします。
――――――――――――――★―☆。.:*:・゜―

お問い合わせ

遺品・家財処分でお困りの際は
どんな些細なことでもご相談下さいませ。
尚、メールでのお問い合わせは
24時間受付(無料)です。

0120-639-123

電話受付時間 9:00~21:00(年中無休)