0120-639-123

受付時間 9:00~21:00 (年中無休)

生前贈与の注意点について

生前贈与をするにあたって注意しなければならない点がいくつかあります。

下記内容に注意して、生前贈与を行ってください。

生前贈与をするにあたって

相続税の税務調査でいつも問題になるのは、家や子供・孫の預貯金が本当に本人のものかどうかということです。過去、毎年110万円以内の贈与を受けた分だといくら説明しても、その証拠がなければなかなか認めてもらえません。

(1)通帳の振込みで証拠を残す。
そのためには、確定日付の入った贈与契約書を作っておくか、贈与する方が自分の通帳を通して受贈側の通帳へ振込み、両者ともその通帳を保管しておく必要があります。

(2)110万円超で贈与税の申告があればよりベター
贈与を受けた方は、受けた旨の意思表示をすることが大切です。110万円超の贈与を受けて、贈与税の申告をすることによって、後日税務署の調査があっても本人の財産として認められますから、この方が利口な方法です。

(3)印鑑と通帳を渡しておく
預貯金で贈与を受けた場合は、通帳や印鑑を受贈者が保管し、管理しておくことが肝心です。これが贈与者の手許にあったり、贈与したはずの定期預金の利息が贈与した人の通帳に入金されていたり、勝手に満期書き換え手続きがなされている場合は、名義預金と認定され、贈与したとはみなされないことになります。

実際に生前贈与を行う場合には、様々な点に注意点が必要です。

(1)遺産分割のトラブルにならないように注意する。特定の人に偏って生前贈与を行うと、遺産分割の際にトラブルになる可能性があります。

(2)贈与契約書を作成し公証人役場で確定日付を取っておく。贈与を確実に成立させるために、「あげました」「いただきました」という意思を示す契約書を交わし、公証人役場で確定日付をとっておきます。贈与をする時は直接手渡すのではなく、必ず自分の預金口座から受贈者の口座へ振り込むなど、贈与の証拠を確実に残すことが大切です。通帳と印鑑は贈与を受ける人が管理します。

(3)相続開始前3年以内の相続人に対する贈与は相続財産として加算されることの確認。相続開始前3年以内の贈与は、相続税課税の対象になるため、贈与の開始時期についても検討が必要です。

(4)贈与税と相続税の節税額の分岐点を確認しておく。

大まかにまとめると以上の4点です。

ここに記しているのはあくまでも一般論です。状況によって変わる場合もございます。

―☆彡∴:――――――――――――★
ありがとうサービスの財産相談室
お問い合わせ窓口 0120-639-123
その財産問題私たちが解決いたします。
――――――――――――――★―☆。.:*:・゜―

お問い合わせ

遺品・家財処分でお困りの際は
どんな些細なことでもご相談下さいませ。
尚、メールでのお問い合わせは
24時間受付(無料)です。

0120-639-123

電話受付時間 9:00~21:00(年中無休)